アミノ美容

アミノ美容とは?

アミノ美容は、醸造したアミノ酸を使ってからだの本質を整える美容法です。
液体である醸造アミノ酸が、からだの不足をケアし、からだを根本から整えてくれます。健康だけでなく、肌や髪といった美容にも作用を発揮するアミノ美容。是非一度お試しください。

■ 醸造発酵のメリット

醸造とは、麹菌、酵母菌、乳酸菌などの発酵作用を利用して、清酒、みそ、醤油などを作ることです。
醸造発酵のメリットは、低温加熱処理によって、菌が生みだすアミノ酸、酵素等の有機物が体に有益な効果をもたらすことにあります。

発酵のプロフェッショナルが作った
体の不足した部分を補う『醸造アミノ酸』

「醸造アミノ酸」は、麹菌FU−3が大豆と小麦を発酵させて得られるアミノ酸18種類、ペプチド、菌酵素、オリゴ糖などを含むアミノ酸エキスです。
アミノ酸は体(タンパク質)をつくるおおもとの物質。必須アミノ酸を含んだ醸造アミノ酸を摂り入れることで、からだを本質から整えていきます。

からだの
本質を
整える

麹菌FU-3とは

おもに醤油をつくる菌として50年間以上受け継がれています。
タンパク分解力に優れた醸造アミノ酸をはじめ、ペプチド、オリゴ糖、菌酵素などをたくさん作ります。また、風味も好ましく、全国醤油品評会において最高賞に選ばれたことがあります。

麹菌FU-3から生まれる醸造アミノ酸

醸造アミノ酸が作られる工程は、大豆から醤油を作る工程と同じ。麹菌の発酵パワーを利用して作られる天然のアミノ酸です。主な原材料も大豆なのでアミノ酸が豊富に含まれています。

  • しょう油麹

  •  

  • 圧搾(しぼり)

  • 醸造アミノ酸

アミノ酸の生産方法「醸造発酵」ってなあに?

醸造発酵とは、麹菌を発酵させてその発酵代謝物を利用する方法です。
そのため、よいアミノ酸を作るためには、その能力がある麹菌が必要です。
醸造アミノ酸は麹菌にこだわって作っています。だからこそ様々なパワーがあります。

使われる商品

清酒、みそ、しょう油、お酢などに使用されます。

アミノ酸の作り方

微生物の働きで大豆、小麦をアミノ酸に分解します。

特長
  • 微生物が、酵素、ペプチド、ビタミン等を生成する。
  • 有機物が増える。
  • 大豆に含まれるアレルギー成分を分解して無毒化させる。

不足したアミノ酸を増やすことで
からだの本質から健康的にケアします

アミノ酸は、体をつくるおおもとの物質
日々消耗していくから、常に摂り入れる必要があります

アミノ酸には、体内で合成される非必須アミノ酸(11種)と体内で合成されにくく食べ物から得るしかない必須アミノ酸(9種)があります。
必須アミノ酸はバランスよく摂取しなければタンパク質の働きが失われるといわれています。醸造アミノ酸は、人が必要な18種類のアミノ酸をしっかりカバーしているアミノ酸飲料です。

アミノ酸が不足するとこんなことに……
必須アミノ酸の「桶理論」

アミノ酸の不足した状態を表すのにわかりやすく説明しているのが、アミノ酸「桶の理論」です。
桶の一枚一枚をアミノ酸の物質として表現し、桶の中にタンパク質が溜まる様を表して言います。
どれかのアミノ酸が不足しているだけで、タンパク質がうまく増えないことが理解できます。

  • アミノ酸が不足した状態

    アミノ酸が不足した状態だと、一番少ない物質の高さしかタンパク質が生成されず、それが健康や美容に影響を与えます。

  • アミノ酸が満たされている状態

    アミノ酸が満たされている状態というのは、一番多い物質のところまでほかの物質が増えるということ。アミノ酸を摂り入れることにより、図の状態になり、健康や美容によい影響を与えます。

■ 参考文献
坂井堅太郎,『基礎栄養学(2010)』.(3),化学同人社, 220p.